« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月30日 (木)

ACアダプターの修理

  今日はACアダプタについて

バンドマンならけっこう経験していると思いますが、これがよく断線してトラブルはもちろん金銭的ダメージにもなりますよね(苦笑)

U78243

写真はスタンダードな「BOSS PSA-100A」で2100円ほどします。

ほとんどのエフェクタはこれで汎用できますが、同タイプでも規格や極性が違ったりすると使用できなかったりノイズや破損原因にもなるので注意が必要ですね。

※よくファミコンのアダプタを代用する人がいますが、良くないです。規格より過大入力となるので電圧ノイズが入るうえに破損にもつながります。 絶対やめましょう!!

O0240032010775715076

さて、よくあるのがこうした根元での断線。こうなると、結線出来る人でも投げ出すことが多いはずです。

何度かモデルチェンジしているようですが、本体の四隅にボルトが取り付けられているタイプはこのように解体することができる為、ある程度なら素人でも修理が可能なのです。

※改造を推奨してるわけではありませんのでご了承のうえご覧くださいね

O0320024010775715075

学校の技術家庭科などで習う程度の工程なので、慎重にていねいにやれば節約と愛着(大事に扱うようになる)にもつながります。

本体を開いたら固定されている線を取り出し、固定部分も含め大胆に切ってしまいましょう。

O0240032010775715077 O0240032010775715080

この機会に、好みの長さに短くしてしまうのもアリですね。そして写真のように線をカッターなどでむき出して繋ぎ直します。

※中の細い銅線を切らないように

※2本の線を逆に付けないように!(通常、写真のように一方に白い線など目印があります)

O0240032010775715081

ビニールテープを巻いて固定します。一本ずつ巻いてからさらに巻いて頑丈にしましょう。

本体を閉じると、最初に付いていた固定部分のスキマがあるのでこの部分の前後2~3cmにビニールテープを厚く巻いて、線が動かないようにします。

四隅のボルトを締めたら完成!!

※本体が意外ともろいので、ボルトは締めすぎないように あとは実際に接続して、異常なければ…ほぉら謎の達成感!!

O0240032010775715503 O0240032010775715504

ちなみに、右写真のような”ねじれ”も解消しておきましょう。断線の原因です。

…どうしてもねじれてるほうに美を感じるなどこだわりがあるならば仕方ないですが(笑)

あと まさか居ないとは思いますが

コンセントに差した状態での作業は絶対行わないように!!

2010年9月24日 (金)

機材退院

修理に出ていた子らが帰ってきました。

O0320024010767055796

スタンダードなギターアンプ、JCこと ROLANDの「JC-120」

ややアウトローなベースアンプヘッド GALLIEN-KRUEGERの「400RB」

JCは、スピーカーの配線が変わってて位相が逆転していたそうです…。

言いたくはありませんが、知識があってもなくても勝手にこういうことはしてほしくないですねショック!

仮に何かしら理由があったとしても、せめてもとに戻しておいて欲しいものです…。

ギャリアンは一応サブですが、ほっとくとすごいガリが発生します。

ぜひガリがたまらないうちに使ってやってください(笑)

使用希望はスタッフまで^^ 無料です宝石緑

2010年9月 9日 (木)

フロイドローズのチューニング

今更フロイドローズのチューニングを学習しました(苦笑)

1

キッカケは、練習に来た高校生の男子がチューニング出来ないと相談…ていうかやってくれと言われたことですcoldsweats01

「これはフロイドローズといって調整が難しいんだよねぇ(キリッ」

などと、とりあえずおそらくは彼でもわかってるであろうことを偉そうに解説したのち面目を保つために大慌てでこっそりググってみるもいまいち要領を得ない解説ばかり!!

フロイドローズ 浮きすぎ チューニング ⇒検索

…だめだ、見てもわからない(苦笑)

動画も重いだけで、私の知りたい所はスルーされてる!? とにかく直観と経験でチューニングを均等に合わせたものの、ブリッジがえびぞり状態。

…結果からいうと、自力でなんとかなりましたが1時間以上かかりました(苦笑) とにかく6本の弦のテンションを均等にして、緩めては締めてを繰り返して、もうどうやって辿り着けたのか謎な感じです(°Д°;≡°Д°;)

まあ結局悟ったのは…

張替えの際はゲージもサイズも同じ弦を使うこと

ですかね。一度整えてしまえばさほど苦労はしません。

なんにせよ、おかげさまでもう怖くありません(笑)

フロイドローズチューニングでお困りの際は、ぜひご来店ください。

次は絶対30分以内に仕上げますので!!(/ω\)★

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »