リリース情報

2017年11月 1日 (水)

BlacK TeaR -ブラックティアー- 大阪V系バンド

当方で制作協力したバンド


の1stシングルのご紹介です



前身バンドから改名に伴い、コンセプトとアレンジを昇華させたいというメンバーの意向に協力することになり、楽曲アレンジおよびマニュピレートを行いました
もちろん、レコーディング~マスタリングも当店で行いました

本メンバーはVocalとBassのみで他はサポートという形態で、Guitarは音源のみ前メンバーによるものです
まずDrumをこちらで打ち込み作成。最近は音源が豊富で便利にリアルに作れて楽しいです。ただし作業的には結局ちまちま努力あるのみというのはずっと変わらずだと思います(笑)

激しいけどキャッチーな部分もありつつな 【ひと昔前のV系っぽさ+今でも通じる洗練】 を要望に貰っていたので、メンバーと共に苦労しつつも楽しみながら完成した次第です

このシングルでは2曲ですが、他にも数曲すでに制作およびレコーディングが進行中なので、今後も是非動向を見守っていてくださいね


公式サイト⇛

2016年7月30日 (土)

アネモネ 

今風?なV系バンド「アネモネ」の、2ndシングルを製作しました


メンバーのHomeがバラバラなので、大阪~東京の両方を拠点に活動するという
本当の意味で幅広い活動中の彼ら(笑)

1stの時もABBYをご利用いただいておりますが
RECも、ABBYだけではなく東京であったり自宅であったりで作業し、それらの欠片が時にABBYに時に東京のスタジオ?に集まり、パズルのように組み上げられていく感じで音源は完成されていくのです・・・まあ彼らの場合はドラゴンボール集めといったほうが近いニュアンスかもしれませんが(笑)

BassのLiRu君とはアネモネ以前から交流があったのもあり、現在肩入れ中の注目バンドです

Photo


RECに限らず、曲によってはドラムの打ち込みも担当しております
下の視聴動画のTr1とTr3がそれです。Tr2はABBYで生ドラムを収録した曲となっております



1stのイディオットでは、どこかで私の声が入ってたりします
まず気づかれないでしょうが、興味ある方は購入してチェックしてみてください(笑)

2016年3月 1日 (火)

AKIHIRO 「@ホーム」

アコースティック弾き語り奏者のAKIHIRO君のCD「@ホーム(アットホーム)」が完成しました!

このCDはレコーディングやマスタリングをしたわけではなく、ジャケットデザインで協力したので届けに来てくれました(笑)

Akihiro
お客さんや友達の「手」を集めた写真をモチーフにしているのです
温度とさわやかさをイメージして製作しました

Akihiro_2

素人に毛がはえたようなレベルですが、こうして最低限必要な行程をおさえることはできます
…まあ一応、デザイン学校出身ですので、
このクオリティでよければ、ぜひご依頼お待ちしております!
5000円~で受け付けます!

※容姿の加工は追加料金がかかりますが結構なクオリティで仕上げますよ(笑)

2016年2月26日 (金)

セブンスヘブン 待望の3rdフルアルバム「Till the End of Time」

いつもABBYをご利用いただいています「Seventh Heaven(セブンスヘブン)」の3枚目となるアルバムの製品が届きました

1st、2nd、そして今回も当店でレコーディングを行ったのですが、今回も豪華プレイヤー陣を迎えての濃厚な作品に仕上がっております

近年のクリアかつデジタルな音源もすばらしいのですが、このCDでは古きジャパメタ感のあるアナログな仕上がりを毎回意識しているので、特徴的なバンドサウンドになっております

それでいて各パートのEDITなどは、メンバーや知人らが各自で行いこちらはそのデータを受け取って編集するという今風な手法を行ったりもしておりますが、何しろ製作期間が3年以上またいでいるという経緯があります

…このじっくり煮詰められた渾身のアルバムは、ウェブサイトから視聴もできます!
ぜひ、一度ご賞味ください



Till_the_end_of_timeseventh_heaven

2016年1月23日 (土)

雷子 『紺碧の章』 オープニング

以前もご紹介しました、PS-VITAソフト「雷子(らいし)」というゲームのOP曲に今回も携わりました

今回はREC~マスタリングを行っており、楽器もまたBassとシンセ打ち込みを担当しております

前回よりもさらにノスタルジックな雰囲気に仕上がっていると思いますので、ぜひ一度ご視聴ください!

2015年8月 6日 (木)

ギガマウス インストアイベント in タワレコなんば

本日は、出張PAに行ってきました

タワーレコードなんば店にて「ギガマウス」のインストアイベントがあり、そのアコースティックライブのお手伝いです

ABBYを通じてもはや10年近い仲間であり後輩であるメンバー(ユッキー・ライ)のいるバンドで、もともと実力も実績もあるので今回も実にしっかりとしたステージを魅せておりました

他の二人(式・seiya)とは初対面でしたが、同じく実力も実績もキャラもルックスもスター性のあるメンバーで、短い時間でしたが楽しい空間を共有できて良かったです

ぜひ一度チェックしてみてください♪

2015080619210000


PA仕事は基本やらないのですが、タワレコのイベントスペースは設備がとてもシンプルかつ完備されており、それでいてフランクな使い勝手・・・いや勝手に使っても大丈夫だろ?的な感じで、リハーサルスタジオの要領で使えてしまえる感覚でした

さすがNO MUSIC NO LIFEです!

2015年4月12日 (日)

残響 ~2015 EXCLUSIVE DISC 残響~

大阪のHIPHOPシーンを駆けるアーティストのコンピレーション「残響」の第二弾の
発売とイベントが間近に迫ってきました


昨年から引き続き、今年も彼らの企画アルバムのミックス&マスタリングを行ったので紹介します


2

【MC】T2K/FORTUNA/大和/K-Rexx/WARUSHI/遊侠
【FT】Magic Art 
【TM】AKK BEATZ/DJBA/KG-K/R.O.B.O./WARUSHI


それぞれがそれぞれに活動し、この機に集まり個性と協調を主張し合う素晴らしい作品になってます
アーティストとしてのキャリアがアンダーグラウンドに留まらない幅広さを提示しているので、HIPHOPに馴染みの無い人にも響くような文字通り聞き手の心に残響するアルバムであると感じます!

↓昨年の「残響」アルバムのテーマ曲である「小さな世界平和」のPVも、ぜひ一度ご視聴ください!



2011年10月 4日 (火)

市川由紀乃 桟橋時雨

2011年10月5日発売

市川由紀乃(いちかわゆきの)さんの『桟橋時雨』というマキシシングルが発売されます。

今回、このCDのカップリング曲『母の手』の作曲をしましたので 宣伝させていただきます。

Kicm30383

>>>Amazonで買う<<<

>>>KING RECORD(KING e-SHOP)で買う<<<

A面曲「桟橋時雨」は演歌ですが、今回提供させていただいたB面曲「母の手」は

歌謡曲路線ということで、歌い方も演歌のそれとは違っております。

市川由紀乃さんの歌の表現力の幅の広さに圧倒されることでしょう。

ぜひ購入して聞いてくださいね♪

>>市川由紀乃オフィシャルBLOG<<

>>市川由紀乃オフィシャルサイト<<

2011年6月 1日 (水)

TRANQUILIZER バンド

先月レコーディングが完了した「TRAN'QUILIZER(トランキライザー)」から

音源「1or8」が届きました。

往年のパンクムーブメントから甦った硬派でコアなバンドです。

全7曲すべてが攻撃的に迫ってくるのが魅力で、刺々しい楽器隊に英語・日本語を織り交ぜた歌が殴りつけて来る感じがとにかくカッコいいのです!!

個人的に今回のミックス課題としては

「高品質な極悪サウンド」を目指しました!!(笑)

Photo

『退屈をブッつぶせ!!』という人にオススメなバンドです。

6/12(日)にRock Bar「Rock A Go Go」という場所でレコ発LIVEがあるそうです。

ぜひライブでも体感してみてください。

>>詳細はこちら<<

バンド自体はHPなどの情報源が無いので、メンバーのBa.ヤス氏が同じく当スタジオを利用してくださってる「伍龍(ウーロン)」としても活動しているため、そちらを参照してください。

伍龍Blog

 

2011年5月 5日 (木)

LONE(ロン) バンド 大阪

当スタジオで録音したものではないけど、リハーサルで活発に利用してくれているバンド

『LONE(ロン)』のアルバムとポスターをメンバーが届けにきてくれました。

メンバー全員が弱冠二十歳ながらも充実した演奏力と表現力に圧倒されます。

緻密に構成されつつも起伏に富み堅苦しくも荒っぽくもない楽曲にくわえ、幻想とリアルを常に反復するような詩により独特な雰囲気が凝縮されています。

このCDは、明日5/6のLIVEから発売するとのことです。(寺田町Fireloop)

・・・彼らのLIVEはCDを聴くだけでは想像し難い程熱く激しく、そして暑苦しいです(笑)

個人的には、いわゆるロキノン系()と呼ばれている枠にカテゴライズするには退廃的でペシミスティック。だけど野外フェスなどに出ればきっと多くのファンを獲得しそうな可能性を感じさせる輝きを持ち合わせている・・・そんな印象です。

LONE official HP

Lone

感情群体/LONE

Cimg0252

より以前の記事一覧