音源紹介

2017年11月20日 (月)

極彩G12 2ndアルバム

「極彩G12」(ゴクサイジートゥエルブ)から、2ndCDが届きました

前回の1stに引き続き、今回も当店にてDrum~Bass~一部Guitarのレコーディングを行いました

今回はさらに参加プレイヤーが増え、また別アーティストからの楽曲提供も含まれた内容の濃いアルバムとなっております

私はBassでは1曲だけ参加と、あと恒例のシンセ打ち込みを、アーティスト提供曲以外の全曲を担当しております。
…カッコよく「マニュピレーター」と言いたいところですが、ちょっと似合わないので「打ち込み」です(笑)

バンド名に沿った、色とりどりなアルバムとなってますので是非チェックしてみてください!

555555

極彩G12 official web site


2017年11月 1日 (水)

BlacK TeaR -ブラックティアー- 大阪V系バンド

当方で制作協力したバンド


の1stシングルのご紹介です



前身バンドから改名に伴い、コンセプトとアレンジを昇華させたいというメンバーの意向に協力することになり、楽曲アレンジおよびマニュピレートを行いました
もちろん、レコーディング~マスタリングも当店で行いました

本メンバーはVocalとBassのみで他はサポートという形態で、Guitarは音源のみ前メンバーによるものです
まずDrumをこちらで打ち込み作成。最近は音源が豊富で便利にリアルに作れて楽しいです。ただし作業的には結局ちまちま努力あるのみというのはずっと変わらずだと思います(笑)

激しいけどキャッチーな部分もありつつな 【ひと昔前のV系っぽさ+今でも通じる洗練】 を要望に貰っていたので、メンバーと共に苦労しつつも楽しみながら完成した次第です

このシングルでは2曲ですが、他にも数曲すでに制作およびレコーディングが進行中なので、今後も是非動向を見守っていてくださいね


公式サイト⇛

2017年9月 1日 (金)

TRASH MIND(トラッシュマインド) 大阪バンド メロコア

TRASH MIND(トラッシュマインド)の音源をいただきました


昨年REC~MIXした音源製品です

「Longtime loser'sEP」



かれこれ10余年、レコーディングでお付き合いのあるバンドですが
非常に音源ペースが遅く、今回はオムニバス用曲の収録をキッカケにこちらのCDをいただくことができました。

初期グリーンデイを彷彿させるシンプルでストレートなメロコアに全文英詩をのせ、全身を走り抜けるような疾走感が心地よいバンドです

興味を持った方はぜひ公式webサイトをご覧のうえ、ライブにも足を運んでみてくださいね

公式Web Site ⇛ http://trashmind.com/

2017年7月20日 (木)

TALK NO ACTION バンド 大阪

TALK NO ACTION トークノーアクション

というバンドのレコーディングが終了し音源が完成しました!

001_2

まだ今年高校を卒業したばかりの彼らですが、在学中からずっと当店で練習に通い続け
ついにレコーディングに至りました

オリジナルを制作し、卒業後も活動を続けるというバンドが最近当店ではあまり見なくなっていたのでオペレートにも力が入った次第です(笑)

ぜひ視聴などしてみてあげてください




若さと未来の詰まった渾身の3曲入りCDはライブ会場にて販売中です♪

2016年11月 1日 (火)

極彩G12 1stアルバム

ex.A&Dの「極彩G12」(ゴクサイジートゥエルブ)から、1stCDのサンプルが届きました

今回はABBY MUSIC STUDIOにて楽器全般のレコーディング等を行いました

メンバーはVocalとGuitarの二人という構成であとはサポートメンバーなのですが
以前からメンバーやサポートとして参加していたメンツが協力しております

私もまたBassで2曲ほど参加と、あと恒例のシンセ打ち込みを全曲担当しております
今回は特に、バンドコンセプトに合わせた今風なデジタル音をメインに使っております

REC/EDIT/Bass/シンセを10曲、期間内に仕上げるとのことで今年の夏と誕生日はほぼこの作業に費やしました(苦笑)


メンバー以上に是非聞いていただきたい作品です!

G



2015年8月 6日 (木)

ギガマウス インストアイベント in タワレコなんば

本日は、出張PAに行ってきました

タワーレコードなんば店にて「ギガマウス」のインストアイベントがあり、そのアコースティックライブのお手伝いです

ABBYを通じてもはや10年近い仲間であり後輩であるメンバー(ユッキー・ライ)のいるバンドで、もともと実力も実績もあるので今回も実にしっかりとしたステージを魅せておりました

他の二人(式・seiya)とは初対面でしたが、同じく実力も実績もキャラもルックスもスター性のあるメンバーで、短い時間でしたが楽しい空間を共有できて良かったです

ぜひ一度チェックしてみてください♪

2015080619210000


PA仕事は基本やらないのですが、タワレコのイベントスペースは設備がとてもシンプルかつ完備されており、それでいてフランクな使い勝手・・・いや勝手に使っても大丈夫だろ?的な感じで、リハーサルスタジオの要領で使えてしまえる感覚でした

さすがNO MUSIC NO LIFEです!

2014年9月10日 (水)

My Dream Town

昨年に依頼製作していた、企業イメージソングの動画がアップされたので報告と宣伝を…

東京の(株)ジーフロンティア様という会社で、くわしくは→公式HP をご覧ください

これの作曲および楽曲製作からマスタリングまでを担当しました

動画では、会社の人間が指人形劇を演じているそうで、程よいチープ感がとても愛らしく見ているとニヤニヤしてしまうPVに仕上がっています

よかったら再生しまくって高評価つけてってくださいませ!!


☆個人ブログにも報告しましたが、こっちはスタジオブログということで楽曲に関して少し触れておきます

・使用機材は楽曲はLogic9で、MIXはProToolsを使用(LogicでのMIXは使いこなせてない!!)

ドラムはLogicのデフォ音源を丹精込めて打ち込み。

ベースは愛用のフェンダーUSAを直繋ぎで演奏。

ギターは友人の形見ギブソンレスポールと、ヤマハのFG-150。

シンセ系もすべてLogic音源で打ち込み製作。

…個人で何でも出来てしまう時代、良くも悪くもとは言われても私としては最高の時代ですね

もう10年15年はやくこんな時代が来るか、遅く生まれていたら…とか思うものの、それならそれでここまでやろうとしてないかなーなどと思ったり…


・歌を歌っているのは、当スタジオを利用していたキウラサヤカさんです

以前から、仮歌などでお世話になっており今回も快く引き受けていただきました

・作詞は以前から交流のある作家の大館敬(おおだてけい)氏で、今回のお話も彼からいただきました



こうして今後も様々な楽曲を世に提示していければと思っております

2012年4月20日 (金)

浦上公昌 浦上バンド

今月完成した、浦上公昌(うらがみきみあき)さんの1stアルバム

『Sweet dream』

のダイジェストメドレー動画をUPしました。

浦上氏はピアニストであり、またプロのゴスペルグループメンバーを経て現在、

ピアノ弾き語りアーティストとして活動中です。

CDは、サポートメンバーによるバンド音源となっており、ひょんなことから私 修二郎も

Bassの演奏で参加しております!

それ含め、ぜひご視聴ください(笑)

浦上公昌個人HP



今月4月28日に

三国ヶ丘FUZZにてワンマンライブを行う予定で

その日にこのアルバムを販売するとのことです。

興味のわいた方やご近所の方はぜひご来場のうえCDとライブをお楽しみください。

ちなみにこの日は私もサポートBassとして出演します♪

2011年10月 4日 (火)

市川由紀乃 桟橋時雨

2011年10月5日発売

市川由紀乃(いちかわゆきの)さんの『桟橋時雨』というマキシシングルが発売されます。

今回、このCDのカップリング曲『母の手』の作曲をしましたので 宣伝させていただきます。

Kicm30383

>>>Amazonで買う<<<

>>>KING RECORD(KING e-SHOP)で買う<<<

A面曲「桟橋時雨」は演歌ですが、今回提供させていただいたB面曲「母の手」は

歌謡曲路線ということで、歌い方も演歌のそれとは違っております。

市川由紀乃さんの歌の表現力の幅の広さに圧倒されることでしょう。

ぜひ購入して聞いてくださいね♪

>>市川由紀乃オフィシャルBLOG<<

>>市川由紀乃オフィシャルサイト<<

2011年8月 1日 (月)

初音ミク使用曲

恋は蜃気楼 ~Love Syndrome~

(Re:Shining distance)

■ニコニコ動画版

■YouTube版

昔バンドでやっていた曲をリメイクしたものです。

原型はもう十年も前の曲ですが、さらに5年ほど前にアレンジしてガイドとして「初音ミク」を

使用したデモをいまさら再編集してみました。

ちょうど最近、かなり人の歌声のニュアンスに近づけたという動画があったのですが

これはほどほどにしか調整(調教という)してません。

※一部、調整ミスでわずかにピッチがズレている部分があります。

わかった人は絶対音感ありますよ(笑)

さほどいじらなくても”それっぽく”なるのが魅力でしょう。ただしやはりそのままでは

音質的に楽器とまざると声が前に出ず、歌詞が聞き取りにくくなる為、ソフト自体での編集

よりもMIXの段階でEQ補正やコンプの調整が肝心といえるでしょう。

音量自体も「大きいかな?」くらいでないと、特に生演奏がバックだと埋もれてしまいやすいです。

この曲では、Bass・Guitar・リードシンセを生演奏しています。

あとハモリと掛け声も私の地声だったり・・・

打ち込み・演奏・MIXのスキルアップとして最適なので、また機会があったら製作し公開しようと思ってます。

ーもし歌ってみたいという方がおられるなら、ぜひお問い合わせくださいね♪